| TOP | キース・エマーソン >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

トッカータとフーガ二短調

 バッハ作曲、トッカータとフーガ二短調のCDを
先日、買っちゃいました♪

トッカータとフーガ二短調?バッハ?と思うけど。

トッカータとフーガ二短調は、とても有名なパイプオルガンの
曲です。

誰でも聞いた事が多分あるでしょう。

ティラリーン・・・ラソラー・・・と言うフレーズから始まる曲です。

文章にすると判りずらい!?

教会の中で、シーンと静まり返っている。
少し寒い、そして、ピーンと張り詰めた空気。

そんな中、呼吸を整えて、ラソラー!

っていう雰囲気がとても私は、心地よいです。

トッカータとフーガ二短調は、吹奏楽でも定番の曲です。

クラリネットで1度吹いて、吹奏楽コンクールに出た事があります。

吹奏楽コンクールに始めて参加。

と言うのも、吹奏楽と言う部を私が中学入学と同時に
署名活動をして立ち上げた部です。

最初の1年は、吹奏楽同好会として活動。

吹奏楽部と正式に認められたのは、中学2年のときですね^^

そして、その時からの目標は、
「吹奏楽コンクール初出場、北海道大会出場、北海道大会金賞」と言う
とてつもない目標です。

基礎練習を徹底的に叩き込まれ、
トッカータとフーガ二短調を何度吹いただろう?

クラリネットを吹く時間が長くて、口の感覚がなくなって、
唇が切れて、血だらけなんて・・・

中学生って、すばらしい情熱があるんだな〜って
大人になって感じますね^^

トッカータとフーガ二短調は、おかげさまで、全曲
鼻歌で歌えます^^;

大人になると、初めてのことに腰がひけて
なかなか飛び込んでいけない。

中学生の頃は、初めて?やってみよう!!!と言う
チャレンジ精神。

すばらしい事を学ばせていただいた
環境と音楽の師匠の先生には心から今でも感謝しています。



トッカータとフーガ二短調のCDには、他に

トッカータ アダージョとフーガハ長調
パッサカリアとフーガハ短調
幻想曲とフーガト短調「大フーガ」

と言う4曲が入っていました。

オルガン奏者は、
フェルナンド・ジェルマー二

中古品で購入したので、ちょっと・・・・と言う部分があるけれど。。。

トッカータとフーガ二短調
大満足なお買い物でした^^

その時に、キースエマーソンのCDも捜したけれど
こっちは、見当たらなかったな~。

キースエマーソン、知らない人結構いると思う。

マニアック。

キースエマーソンは、私もわからないことが多いので
次の日記は、
キースエマーソンの事をかこうかな〜!?

| トッカータとフーガ二短調 | - |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ami-syuhu.jugem.jp/trackback/1
トラックバック