<< M1 すべらない話 | TOP | 2009年うし年 目標 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

大晦日に食べる物

 2008年の大晦日になりました。

大晦日&お正月に食べる物ってどんな物を
用意しますか?

我が家では、豚の角煮・から揚げ・うま煮・お寿司かな〜?

こんな感じの物を大晦日の昼間から準備して、
夜に食べます^^

そして、夜は、起きていられたら、一応12時まで
頑張ってみるんですけどね・・・

いつも寝るのが9時なので、きついです^^;

気が向いたら、茶碗蒸作るけど・・・
今年は、作りません。

お正月は、お餅って食べるのが当たり前だけど
我が家は、お餅が好きではないので食べません。

年越しそばは、大晦日のいつ頃食べるのがいいのでしょう?

我が家では、いつも、大晦日の昼ごはんで年越しそばを
食べているんですけど。

年越しそばは、12月31日に縁起を担いで食べるおそばの事です。

年越しそばは、年を越す前に食べきる・残さず食べると言う事に
意味があるようですね。

今年の苦労なんかを次の年に持ち越さないために
食べきる。

食べの残すと、次の年は、金運に恵まれない・・・と言う
事も言われてますね。

古くからの日本の風習ですから、事実を追及しないで、
そのままを子供たちに伝えていくのがいいと思います。

お雑煮も、お正月に食べる物ですけど、
お雑煮も地域によって作りが随分違うのですよね。

北海道と言うか、私が実家にいた頃に食べいた
お雑煮は、お醤油ベースの汁で具材は、ほうれん草・鶏肉・かまぼこ
かな〜・・・このくらいしか思い浮かばないけど。

千葉県東北部では、濃口醤油の澄まし汁仕立てで
角餅のお雑煮に「ハバノリのふりかけ」(削り節も混ぜる場合があり)をかけて
食べると言うお雑煮。

愛知県名古屋周辺の特徴的なお雑煮では、餅と小松菜の一種である
「もち菜」(正月菜とも呼ばれる)を入れて白醤油の澄まし汁仕立てで鰹節
をかけたお雑煮があります。

富山ではそれに加えて魚やかまぼこなどを入れて食べるものがある。

島根や鳥取の一部では、一般に「汁粉」や「ぜんざい」と使われることが多い小豆汁
に餅を入れたものを雑煮と呼ぶ場合もある。

長崎県島原市の具雑煮のように、季節や風習にとらわれずに通年食べられる物もある。
また、一部の喫茶店では軽食メニューとして雑煮がある店もある。

お雑煮についてのウィキペディアですが・・・色々ありますね〜〜。

恐らく、まだまだあると思いますよ。

こう言った、風習は、大事に子供たちにつないで
いかなきゃな〜って思います。

それでは、良いお年をお迎えくださいね^^


| 大晦日に食べる物 | - |
| comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2009/06/21 7:33 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ami-syuhu.jugem.jp/trackback/21
トラックバック